編集者、妻子あり、千葉在住。40代の倦怠と哀愁漂うハードボイルド

小説・エッセイ

2011/9/9

零細業界誌の出版社を営む高梨は、42歳。妻の沙希子とは高校から思い続けて、子持ちバツ一となった彼女を口説き落として結婚。結婚後十数年を過ぎ、その関係は倦怠がつきまとう。 以前勤めていた「バイオル化学」から、亡くなった前社長の愛人を探せ、という「仕事」を請け、編集者の彼の探偵のような2週間が始まる。この愛人は、関わった... 続きを読む