統合失調症の妄想を描いた壮絶な1冊

イーストプレス

2012/12/26

『人間仮免中』というのは、明らかに太宰治の『人間失格』を意識したタイトルだ。ま、しかし、仮免なら路上運転はできるわけで、それほどに絶望的ではないと、私は読みながら思った。「人間免停中」となったらこうした作品も書くことができないからである。といってこの本が楽観的な内容だとは決していわない。 破滅的な性格の「私」が、まと... 続きを読む