いろんな意味で、チャレンジしてます!

ライトノベル

2012/12/28

この『双子と幼なじみの四人殺し』は第3回GA文庫大賞の入選作です。あとがきなどを読む限りでは本作が森田氏のデビュー作のようですね。 で、なにが言いたいのかというと、「よく挑戦したなぁ」という文章ですよ。創作論で必ずといっていいほど誰もが口にする視点に関する技巧です。 本作の視点は、大まかな分類でいうと神視点になります... 続きを読む