ワンデイトリップのような軽い脱・日常感が味わえる1冊

小説・エッセイ

2013/1/6

小説というのはタイトルと装丁で購入意欲が相当に左右されるものだと思います。電子書籍は手に取れない分、たったひとつの画像とタイトルで印象が一瞬にして決まる、なかなか酷な世界。立ち読みができるとはいえ、本の厚みもなければさらっと開いたときの文字の詰まり具合すら自由に変化してしまうから、小説を選びにくいと常々思っているので... 続きを読む