冬は暖かい部屋で、こんなよくできたミステリーを読みたい

小説・エッセイ

2013/1/8

卓抜なアイデアと、考えぬかれた構成、切れ味のいいスタイル。それらが一体となって、「短編小説の愉しみ」を存分に味わわせてくれる。そんな名手・阿刀田高の傑作短編集である。 巻頭に置かれた表題作「ナポレオン狂」には文字通り、ナポレオンにまつわるちょっとおかしな人物が二人登場。ナポレオンに関するものなら何でもコレクションして... 続きを読む