怒濤の情報量ハーレクイン文芸ハードコア

小説・エッセイ

2013/1/18

とにかく凄い積載量なのである。普通の小説の内容量が家庭用中型車だとしたら、インドの大型トラックのように、屋根の上までてんこもりに荷物が載せられているかのような過剰さだ。前半がどエロいポルノ、中頃が法廷小説、さらに後半ではストーリーが二転三転するうえ社会批判から禅話までぎっしり詰め込まれている。この無茶な展開と時折顔を... 続きを読む