大映テレビ的なドロドロで大げさで通俗的なフォルムにもられた世界最高の文学

小説・エッセイ

2013/1/19

『カラマーゾフの兄弟』がテレビドラマになったらしい。 それを聞いて、「よりによって世界に冠たるあの大文学を、テレビドラマなんぞにしさらして」と息巻くやからは、「ドス読み」としてはまだ「青い」。 「ドス読み」のプロというか「黒」ならこう考える。 「いいじゃない。ドストエフスキーほどテレビドラマむきの小説はないでしょ。て... 続きを読む