日常系の会話劇だと思っていると、足下をすくわれるでござる

ライトノベル

2013/1/27

どこからどこまでを日常系と呼ぶのか? その定義は難しいのですが、少なくともタイトルに『日常』とあるのだから、まあ日常系なんだろうな、と思っていました。 部活(も女会)で日常なんだから、軽めの音楽を扱ったマンガみたいなのとか、生徒会のあれこれを書いた小説みたいなのとかね。扉絵、目次を見たときも、まだ信じていましたよ。い... 続きを読む