人のSOSが聞こえたら、あなたはどうしますか?

小説・エッセイ

2013/2/1

他人のSOSをなぜか敏感にキャッチしてしまい、けれど何もできないことを情けなく感じている遠藤二郎。彼は家電量販店の店員だが、実はイタリア留学中に悪魔払いの修行をしたという経験を持つ。それが変なふうに伝わったか、知り合いから「息子が引きこもりになって困っている」という相談を受けた。自分には何もできないんだけどなあと思い... 続きを読む