ちょっと困るくらい笑っちゃう文体・顔面模倣の達人の書

小説・エッセイ

2013/2/3

「我輩は本人である」という本が伸坊さんにあった気がして調べたら、なかった。ないのにある気がして仕方がない。それくらい伸坊さんは「本人」なのだ。よく分からないが。 そのかわり『歴史上の本人』という本なら見つかった。見つかったとたん、前に読んでたことを思い出した。うかつなことである。 『歴史上の本人』は、伸坊氏が日本史に... 続きを読む