本当にあった物語だと思って読んでみて。大切なことが見えてくるから

小説・エッセイ

2013/2/10

ずっと前から読んでみたいと思いながらもなかなか読めずにいた『星の王子さま』。 本は手にとり開いたときが読むべき最高のタイミングなのだろう。今の自分の心がこの本を求めていたかのように、星の王子や王子が出会うともだちの言葉がひとことひとこと胸に染みこんでいった。 王子が旅の途中で、賞賛の言葉しか耳に入らない自惚れや、数字... 続きを読む