とりとめない記憶を艶めかしくさえある長文でつづる芥川賞作

小説・エッセイ

2013/2/26

タイトルが魅力的だ。「海老珊瑚」。じゃないと思う、少なくともそんな自堕落な洒落では。『abさんご』。なんのことだかよく分からない。分からないけどなにかの空気がある。だいたいタイトルなんかどうでもいいものだ。別に内容を代弁してなくてもいい。とりあえずついていればそれでいいのだ。とりあえずついていて、雰囲気があれば。どこ... 続きを読む