27歳で「リーセントホテル」の料理長になった中国料理家・脇屋シェフーの哲学。鍋洗いから始まった下積みで学んだ覚悟とは?

2分で読める
レビュー

職人の世界とイメージされる、中国料理界“一筋”で50年。メディア出演も多数の脇屋友詞シェフの自伝『厨房の哲学者』(幻冬舎)には、強く心を打たれる。 著者は中学時代、占いを生業とする父に「食神」が付いている…

本文を読む