ゴシック風味の怪奇趣味と論理的な解決を融合させた傑作ミステリー

小説・エッセイ

2013/3/21

はじめにお断りしておくと、本書は前にハヤカワミステリー文庫から出ていた『プレーグ・コートの殺人』とおなじ小説である。一度お読みになったかたはお求めになる場合ご注意願いたい。 ただし、こっちの方は平井呈一による名訳なので、もう一度読んでみたいと思われた方、初めてお読みになる方には、最良の1冊なんである。 どこが名訳かと... 続きを読む