2009年09月号 『星守る犬』村上たかし

今月のプラチナ本

2009/8/6

『星守る犬』 村上たかし ●あらすじ● 林道わきのひまわり畑にあった放置車両から、中年男性の遺体が発見された。死後1年から1年半の、その遺体。だが、不思議なことに、そばにあった犬の遺体は死後3カ月だった。物語は、犬の「ぼく」の「さいしょのきおく」から始まる─。「げんきそうなおんなのこ」に拾われて幸せに暮らしていたが、... 続きを読む