何故か笑えるハードボイルド、夜の銀座を駆け抜けろ!

小説・エッセイ

2011/9/17

楡周平の意欲作、タイトルは「フェイク」。 コンゲーム的な要素が主軸だが、銀座高級クラブ・ノミ屋・競輪・企業恐喝といったある種のアンダーグラウンド要素が満載。その手の世界に興味がある人はもちろん、そうでもない人でもかなり手を出しやすい小説である。 主人公は”冴えない”、ないしは、”う... 続きを読む