夢のノマドワーキングの真実―ちゃんと食うためのヒント

ビジネス・社会・経済

2013/3/28

自由な働き方をつくる 「食えるノマド」の仕事術

ハード : PC/iPhone/Android 発売元 : 日本実業出版社
ジャンル:ビジネス・社会・経済 購入元:BookLive!
著者名:常見陽平 価格:1,620円

※最新の価格はストアでご確認ください。

『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに、安藤美冬さんが登場している回を見ました。実は私は話題になっているらしきこの“ノマド”という言葉をここで初めて知ったのです。そして、私が最近仕事に対して思っていた事と通じるものがあるような気がして、ノマドをもっとを知りたい! と思ったのが、本書を読むきっかけでした。

そう思ったものの、読んでいるうちにどうやらこの本はまったくノマドを知らない人が読むものではないらしい…ということに気付きました。まずここに書かれていたことは、ノマドに憧れる人の一般的な価値観に対して警鐘を鳴らすところから始まります。そして、現実的なノマドというものがどういうものか、歴史を振り返ったり会社員との比較などをしながら語っています。が、いかんせんノマドに対する知識がほとんど白紙の私には、ノマドに憧れる人がどんな夢を見ているのかピンとこなくて、そりゃ厳しい世界なのは当然でしょう、と思ってしまいました。

そう思ったのは現在私がすでに“フリー”という立場にいるからかもしれません。本書によると私も大きく分ければノマドだと言うことがわかります。2章の後半からは、そんな私はもちろん会社員の方達も、知っておいた方がいいこと、改めて肝に命じることが書かれていました。

そのなかでも3章の“大人の自己分析”は、ぜひ試したいですし、多くの人に役立つものじゃないでしょうか? ノマドワーカーという自由な生き方に向いているかどうか判断するもので、自分を見つめ直すきっかけになります。

続いて「MUST、WANT、NEGATIVE を明確にする」「自分の未来予想図を書く」も仕事をする上で効果的だと思います。それ以外にもノマドワーカー独特の仕事術も数々紹介。

本書は、ノマドは素晴らしいというメディアに踊らされ迂闊に会社を辞め、うまくいかずに路頭に迷う若者を増やしたくないという思いで書かれたものです。また、真実を知って理解した上でなりたい人には現実的なアドバイスをしてくれる、実践的な仕事術の本でもあります。ノマドワーカーを目指す人は読んでおいて損はないのではないでしょうか。


冒頭。夢見がちな心に喝を入れられているようです

フリーターや派遣と同じとはどういうことでしょう?

ノマドの歴史は意外にも古いようです

大人の自己分析のほんの一部。自分の眠っている何かを見つけられるかも

上手に乗りこなし努力すれば、やっぱり楽しいものだと、最後には応援してくれます
(C)常見陽平/日本実業出版社