「文章巧者」佐藤正午のリアリティ溢れる連作短編集

小説・エッセイ

2013/4/6

『永遠の1/2』や『ジャンプ』、『リボルバー』など、“ちょっと微妙な男女の間”を描かせたら右に出る者は居ない、とされる佐藤正午の短編集で1999年の作品。 街中で囁かれる他愛のない“噂話”を、同じ街に住む小説家が拾って行くスタイル。簡潔に言えばそれだけのお話で、派手な要素はほとんど存在しない。下手をすれば、最終的に何... 続きを読む