あなたの読みはいかなるものか?

小説・エッセイ

2013/4/19

今年米寿を迎えた老嬢タキが、10代後半から女中奉公をつとめた赤い三角屋根のちいさな家。そこで暮らしたのは、主人と美しい奥様とひとりの少年だった。 やがて戦争の影が近づき、とうとう太平洋戦争が勃発。戦後までうつろう一家の姿をつづるタキのノートの叙述が、この小説の大部分を占めるのである。 本作には型どりをした「世界」があ... 続きを読む