2006年03月号 『凍りのくじら』 辻村深月

今月のプラチナ本

2006/2/6

2006年02月06日 『凍りのくじら』 辻村深月 講談社ノベルス 1040円 藤子・F ・不二雄に心酔する女子高生、芦沢理帆子は、藤子・F・不二雄がSF を“すこし・ふしぎ”と解釈したことに着想を得て、出会う人々の印象を“SF”にあてはめている。わかりあえない自分の母に対しては“少し・不幸”。元彼の若尾は“少し・腐... 続きを読む