犬好きにはたまらない冒険小説

小説・エッセイ

2013/4/26

西村寿行といえば忘れたいにも忘れられない悪夢のような映画がある。同名小説が原作の『君よ憤怒の河を渉れ』という東映映画だ。主演は高倉健。夜の新宿を30頭の馬が駆け抜ける人騒がせなシーンが最大の呼び物であったのだが、爆走する馬たちが通りを大きく右へと曲がるシーンで、一頭の馬がアスファルトに滑り蹄鉄をはじき飛ばしながら横ざ... 続きを読む