2005年08月号 『私という運命について』 白石 一文

今月のプラチナ本

2005/7/6

2005年07月06日 『私という運命について』 白石一文 角川書店 1680円  冬木亜紀という女性の29歳から40歳までの出来事を追った4編の書き下ろし。「雪の手紙」での亜紀は、結婚式の招待状の前で逡巡する29歳。以前付き合っていた男性が自分の後輩と結婚することになった。大手メーカーに勤務する彼女は、何故、彼のプ... 続きを読む