「がん治療」に関する衝撃的な提言に耳を傾けよ!

小説・エッセイ

2013/5/18

私の父は胃がんで亡くなった。発見したときは末期で、余命1ヶ月と宣告されたが、そのとおりちょうど1ヶ月の朝大量吐血をし、そのまますうっと消えていった。 消えていったというにふさわしい穏やかな亡くなり方だったのは、もしかしたら手術も抗がん剤の投与も避けたからではないか、と思わせるほど入院中に痛みも吐き気も激しい倦怠感も訴... 続きを読む