「オウム真理教」に材をとった3人の孤島生活者の物語

コミック

2013/5/26

男2人と女がひとり、孤島で暮らしている。男のひとりは「議長」、もうひとりが「オペレーター」、女は「副議長」とそれぞれ呼び合っている。ときどき小さな船で物資が届くが、それだけでは足りず、魚をとったりの自炊だ。彼らは「ニコニコ人生センター」というおそらくは新興宗教の団体に入信しており、島での活動は「修行」なのだという。次... 続きを読む