父親になった乙武氏。自己肯定感と子育て論

小説・エッセイ

2013/6/2

彼の最初の著書、『五体不満足』は、聞くと日本第3位を記録するベストセラーとか。あの衝撃の1冊が出版されたのが1998年。それから15年が経ち、乙武氏も大学生から社会人に、そして父親に。 1冊を読み終えて、氏のまっすぐさというか、彼の持つ疑問やそれを解決せずにはいられない行動力に舌を撒きました。もはや彼の身体的負担はデ... 続きを読む