訳が分からずとも圧倒的なカオスのパワー でもちょっと絵解きします

小説・エッセイ

2013/6/3

舞城王太郎の小説って「なんや、ワカラン」といわれることが多々ある。特に本作『獣の樹』はどう解釈していいかさっぱり見当がつかない、そんな声も漏らされたりしているようだ。 でも、僕の感想はまるっきり違う。こんなわかりやすい物語はないではないか。すべてがすっきりと、ダイナミズムをもって頭の中に気持ち良く収まる、そんな感じだ... 続きを読む