これは、あのオレンジロードのなにかだ!

ライトノベル

2013/6/7

ひとことでいうと、二股ものです。読んでいて感じるのは、主人公の倉田くんに対するもやもやした気分と、状況に対するドキドキ感です。そうです。鮎川とひかるちゃんに二股かけ続けたあの『きまぐれオレンジ☆ロード』の構図ですよ。 しかし、事情はちょっと違っていて。本作の主人公、倉田くんは冒頭でははっきり言ってヒロインのふたりには... 続きを読む