SF小説の骨格を借りた究極の言葉の新しさ

小説・エッセイ

2013/6/23

第一次世界大戦勃発前夜のヨーロッパが主な舞台。養父とともにブタペストで貧しく暮らす少年ジョルジェは異能の持ち主であった。養父の死後「顧問官」と呼ばれるアルトゥール・フォン・スタイニッツ男爵の元に引き取られ、「感覚」と称される能力を開花させるべく、ウィーンで育つことになる。「顧問官」は、人を動かし、記憶を探り、また逆に... 続きを読む