微細な心理のひだを鮮やかに描き出す

コミック

2013/6/30

本を読んで原稿を書くとき、一番困るのは僕の場合その本が面白すぎたときだ。つまらない本なら楽ちんで、欠点数えて連ねるか、万一義理のある版元さんからのお願いだったりしたら分かる人には分かる褒め殺しというテクニックを発揮すればよい。 ところが、面白すぎる本となるととたんにやっかいなことになる。おもしろさの塊が塊のまんま体全... 続きを読む