不安な時代=心ない時代をどう脱する?精神科医・香山リカさんが探る「希望の在りか」

ビジネス・社会・経済

2011/9/29

<安心>の対語は、不をつけて<不安心>である。 その<不安心>から<心>を亡くしたのが<不安>。 心安らかな時代が<安心の時代>だとしたら、現代は、心安らかでない時代、つまり<不安心な時代>を超え、心の在り処さえ不明な<不安な時代=心ない時代>と言えるでしょう。 個人にも社会にも。世界中に広がる<不安の病>。 <心>... 続きを読む