これは「青春する男兄弟」のスタンダードである

小説・エッセイ

2013/7/10

私は、もっと「笑える」ものを期待してこの作品に手を出したのだけれど、なるほど、青い春って本当に青いのね。「恥ずかしく」なってしまいましたわたくし。だって19歳。主人公たちもそのくらい。将来に対する煩悶やら、なんやらを、こうもちゃんと描かれると、ごめんなさい、私も、本当に青い人間ですって謝って歩きたくなる。 一方で、も... 続きを読む