【直木賞候補作―(伊東潤)】 迫力満点の古式捕鯨に驚け!

小説・エッセイ

2013/7/16

和歌山県太地町。古くから捕鯨の町として栄えたところだ、という漠然とした知識はあった。しかし本書を読んで「こんな方法で捕鯨をしていたとは」と心底驚かされた。ここに描かれているのは江戸時代、「古式捕鯨」と呼ばれる方法で鯨に挑んだ太地の人々の物語だ。 鯨をどうやって捕るか。第1話「旅刃刺の仁吉」での描写を見てみると、まず見... 続きを読む