非リアの理想的な「いちゃラブ」話

ライトノベル

2013/7/22

この作品を語る上で、ちょっと知っておいてほしいことがあるんです。いわゆる「ギャルゲー」という呼称より、「美少女ゲーム」(商標)と呼んだ方がしっくりきていた頃のことです。当時は、身も蓋もない言い方になりますが、えっちぃシーンがあれば、その他のパートはどうでもいい、というような感じでしたよ。 ところが、だんだんと時代が降... 続きを読む