「凶悪」と「凶悪」の狭間 警察をも動かした迫真の取材記録

ビジネス・社会・経済

2013/8/1

タイトルは『凶悪』。この表現に偽りはなく、本当に「凶悪」、ないしは「極悪」としか表現できない人間たちが多々登場し、普通の感覚ではちょっと考えもつかないような悪業の限りを尽くす。なによりも怖いのは、この作品が創作の類ではなく、実際に起こった事件を綴ったノンフィクションである、という事実かもしれない。 この作品で採り上げ... 続きを読む