コネ、財力、戦闘力、知力、全てを有する最強高校生コンビのトレジャーハント

コミック

2013/8/2

エイリアン旋風譚

ハード : PC/iPhone/iPad 発売元 : 朝日新聞出版
ジャンル: 購入元:電子文庫パブリ
著者名:菊地秀行 価格:756円

※最新の価格はストアでご確認ください。

どんな顔にも化けられる瞬間変貌マスク、周囲の景色に擬態するカメレオンスーツ、超小型の衝撃波銃などなど、CIAやNASAが開発したという超ハイスペックな秘密道具を駆使して世界中を駆け巡るトレジャーハンター。

それがこの作品の主人公、八頭大。数々の修羅場をくぐり抜けた猛者であり、現役の高校生です。そしてそのパートナーとしていつも傍らにいるのはお色気たっぷり、金に目がない女子高生太宰ゆき。八頭の尊敬する伝説のトレジャーハンターの孫娘にあたり、転生の美貌と女の館を武器にお宝求めて世界を回るこの女はどこか「ルパン三世」の峰不二子を彷彿させます。

この2人、高校生である必要があるのだろうかと思うくらい高校生らしさは描かれず、いつ学校へ行っているのかわからないほど常に世界中を旅しています(笑)。そんな2人が狙うお宝アイテムは祠に収められた鏡や呪われた絵画、魂の封印された彫刻など、いかにも冒険モノに出てきそうな、言い方は悪いですが古典的なものばかり。

しかし、ベタや王道とは困ったものでいつの時代も人を惹きつける面白さがあります。作品のタイトルには「エイリアン」とついてはいますが、印象としては人の魂や怨念などを取り入れた東洋思想が原点という感じがします。人ならざるもの、人智を超えた異質なものという意味での呼称と考えられるかもしれません。この作品ではそうした不思議なお宝をキーとして、人間という生き物が太古より持つ感情や心理を誰にでもわかりやすく表現しています。

オカルトと人間同士の因縁をからめ、そこへSF要素を投入してテンポの良さを出した爽快アドベンチャー。子供が読めば刺激的で親しみやすい冒険ものとして、大人が読めばどこか懐かしい冒険ものの原点として夢中で読める短編集だと思います。


はじまりは、日本

神隠しをモチーフとした鏡のお宝

高校生には見えない肝の座った主人公

霊魂、呪いなど曰く付きの宝を探す

銃弾さえ跳ね返す防弾スーツは一体どこで誰にもらっているのか…