芥川賞受賞のホラー純文学

小説・エッセイ

2013/8/6

怖い話ですよ、これは……。少なくとも巷のサイコホラー程度には。しかも、武器を見せつけたり、狂気の理由を書いたりしないから余計に怖い。内容がいちいちグッサリ鋭いのに、鋭利な刃物は見せない。例えていえば、紙で指を切ったらその紙に遅効性の毒が塗ってあった、というような感じでしょうか。 平易な言葉を選び、二人称で書かれた物語... 続きを読む