「半沢直樹」シリーズの原型!? 池井戸潤が描く、銀行員サスペンス

小説・エッセイ

2013/8/8

夜景を生み出す一粒一粒の光は遅くまで働くサラリーマンの魂だ。そのことに気づいた時、「働きたくないなあ」と嘆息。どんな職業にだって、残業はつきものだし、安らぎはないのだろうと悟った。かつては、世間体上々で将来安泰と言われていた銀行員ですら不況の世の中では安定等は見込めないのだろう。安定といわれたからこそ耐えられたハード... 続きを読む