戦後マンガのバイブル『新寳島』の表紙にはもうひとりの神の名が記されていた

ビジネス・社会・経済

2013/8/18

日本マンガ界のエポックメイキングな作品『新寳島』。戦後間もない1947年、車が疾走するオープニングシーンに「絵が動いている!」と当時の少年たちのド肝を抜いた映画的表現は、神様・手塚治虫の神話としてあまりにも有名だ。しかし、この日本マンガ界の歴史を変えたオープニングシーン等々、手塚ひとりで生み出したものではないとしたら... 続きを読む