気付けば逞しくなってしまった元・女のコに捧ぐ、不器用女子の成長物語

小説・エッセイ

2013/9/11

女も30を過ぎれば後悔を含んだ思い出くらい、誰だってひとつやふたつは持っている。目の前のぬくもりにふらりと甘えた夜、最後まで気持ちを伝えられずに終わった恋。永遠に続くと思っていたのに、些細なことでたやすく途切れた誰かとの関係。著者はそんな、思い出すと胸がちくちくする経験を描くのが本当に、嫌味なほど巧い。「あーやりがち... 続きを読む