「大人の男」は震災といかに向き合うべきか? 被災地に暮らす作家が語る男論

小説・エッセイ

2011/10/6

2011年3月11日の夜。闇に包まれた東北の夜空には無数の星が輝いていたそうです。それまでに見たこともないくらいの光を放つ星空に、著者 伊集院静氏が見たものとは? その答えは本書のエピローグにあります。そこで語られる氏の言葉は、まさに被災地・仙台に暮らす当事者のものでした。 本書「男の流儀入門」は作家 伊集院静氏がさ... 続きを読む