【青空文庫で名作を】 読むほどに痩せる! 湿っぽいとはいわせない。純文学の業火をくらう!

小説・エッセイ

2013/9/26

インフェルノ!! 読み終えて感じたのは、まさしくそんな感覚でした。焦げ臭いというか、まるで自分が燃した紙きれみたく、チリチリと赤熱するような…。なんだかとっても喉が渇くのです。 ―――純文学。これを見て、何を連想するでしょうか。 「イマドキ売れない」とか、「ネチネチしてる」とか、「よく分からない」とか。あまり同時代的... 続きを読む