これはまんじゅうですか? いいえ猫です。球体型キャットが送るほんわか日常コメディ

4コマ

2013/10/5

ポヨポヨ観察日記 1

ハード : PC/iPhone/Android 発売元 : 竹書房
ジャンル:コミック 購入元:BookLive!
著者名:樹るう 価格:700円

※最新の価格はストアでご確認ください。

これはまんじゅうですか? いいえ猫です。これはクッションですか? いいえ猫です。これはピザまんですか? いいえ猫です。決して齧らないでください。

佐藤さん家の飼い猫・ポヨはミステリアスな球型フォルムが光る猫。初対面時は絶対に猫に見られないその個性的な体型に詰まっているのは、夢でも希望でも脂肪でもなくなんと筋肉でした。(笑) 本作は丸っこいのにマッチョなオトコ前猫のポヨが、飼い主の佐藤さん一家と織り成す日常ドタバタ4コマ集です。

話の舞台はチバラキ県ちくば市という架空の田園都市で、ポヨが身を寄せる佐藤さん一家はおいしい野菜を作ると評判の農家。野良だったポヨを拾った佐藤萌は、料理上手で近所でもお嫁さんにしたいと名高い女性です。

萌の父、佐藤茂は米俵を2俵(120kg)を担ぎ上げたという伝説を持つ男。けれど萌に似て動物に優しい面もあり、ポヨに背中に乗られると彼を落とさないように中腰のままカニ歩きで畑を行き来をしたりと、強面ですがとても愛嬌のあるひとです。

そして萌の弟、佐藤英はこの一家で唯一のツッコミマン。ポヨに唯一引っかかれたり、寝るときに腹に乗られて唸らせられたり、ポヨ溺愛のあまりちょっとネジの飛んでいる萌に熱いツッコミを入れたりと、これでもか! とばかりに苦労人体質を見せつけてくれます。

本作の面白い所といったら、やはりポヨの紹介です。「世界初メロン似の猫」「まる座布団体型の猫」「真夏のビーチボールキャット」などなど、ついクスリときてしまう比喩がわんさかあります。さらにどう考えても大福饅頭体型のポヨはこれでなかなかワイルドで、俊敏に動き様々な生物をハンティングをするという猫の野生を見せつけます。静かだなーと思ってたら獲物をカミカミしてました、なんて猫を飼った経験がある人なら全力で頷く猫あるあるネタも豊富。作者さんが猫好きなためか、その猫ネタが逐一猫好きのツボをことごとくついてきます。もうたまりません。ポヨさん1匹家にください。大切にします…! 動物ものが好きな方は特に必見です。ぜひともポヨにメロメロにされてください。


猫雑学にほーと感心したオチがまた秀逸。確かにポヨだとこうなります

猫あるあるすぎて全力で頷いてます。わかります。邪魔ですよね。でも可愛いくてどけられないんですよね。わかります!

自然界を舐めてるフォルムで自然界に果敢に挑みそして狩りを成功させるポヨさんマジハンター