小説の断片が街を埋め尽くし、夢と現実の境界が曖昧になっていく…

小説・エッセイ

2013/10/11

カルト教団による集団自殺事件の生き残りである主人公が、薬漬けにされた後遺症によって身につけた能力を活かし、さまざまな依頼を受け探偵のような仕事をしていくうちに、大きな事件に巻き込まれていくと、そこには……というストーリーの小説です。 主人公が捜索の依頼を受けたのは、家出少女。彼女は14才で文壇デビューを果たしたものの... 続きを読む