確率の問題が語る「理」とは? 明智光秀の悲哀と希望を堪能せよ!

小説・エッセイ

2013/10/14

物語の冒頭に、こんな博打の場面がある。伏せたお椀が4つに、小石がひとつ。お椀のどれかに小石が入っている。子は、どれに入っているかひとつを選ぶ。親は、小石の入っていない椀をふたつ開けてみせる。残る椀はふたつ。ここで子には、選択を変えるチャンスが与えられる。さて問題。子は、最初の選択を貫いた方がいいか? それとも変えた方... 続きを読む