「もしもあのとき…」ありえたかもしれない人生が問いかける、慈しみの物語

小説・エッセイ

2013/10/29

家族や友人の死を体験すると、どうしても考えてしまう。あのときああしていれば、もっと早く病気に気付いたんじゃないか。あのときあそこに行かなければ、事故に遭わずに済んだんじゃないか──。考えても詮無いことなのは充分わかっているが、それでも、考えてしまう。そして思うのだ。あのときああしていれば、あのときあそこに行かなければ... 続きを読む