大槻ケンジが描く、世界の哀しさを静かに歌うスプラッターホラー

小説・エッセイ

2013/11/2

21世紀初頭、14歳から16歳の少女達を突然死が襲い、数十分から半日のうちによみがえって、人間を食らう怪奇現象が発生した。誰もがステーシーと呼んだこの死体を永遠に葬るには、165以上の断片にその肉体を切り刻み「再殺」しなければならないのだ。 物語は、渋川と詠子の場合、有田とモモの場合、といった具合に、いくつかのエピソ... 続きを読む