トリッキーな構造の裏に隠された、驚くほどストレートな友情物語

小説・エッセイ

2013/12/3

貫井徳郎と言えば「油断できない」作品を書くイメージがある。読みやすさにホイホイついていくといきなりひっくり返されたり、前のめりで読んでたら突然後ろから膝カックンを仕掛けられたり。だからこっちも、読む時は構えるクセがついた。騙されないぞ。 本書の舞台は横浜の馬車道。持ちビルの1階で喫茶店「ペガサス」を営む毅志のもとに、... 続きを読む