気づいたら1人…ホントは真面目なしっかり者の独身女性の悲哀とは?

小説・エッセイ

2013/12/7

「結婚は遅くても良いの」と強がったら、「歳をとった自分にまだ価値が残っていると思う?」と嘲笑された。ただ愛し愛される恋愛や結婚をしたいだけなのに、なんとなく結婚出来なかったという人は決して少なくはないだろう。 『女子をこじらせて』等の著作で名高い雨宮まみ著『ずっと独身でいるつもり?』では、独身女性の現状と本音を綴って... 続きを読む