「映画屋」たちの熱い魂の群像劇

ビジネス・社会・経済

2013/12/10

昭和30年生まれの僕は、いわゆる日本映画全盛期に小学生を過ごした。萬屋錦之介も片岡知恵蔵も美空ひばりも『雲の上団五郎一座』も『座頭市』も『眠狂四郎』も、みんなオンタイムで銀幕の上に見ている。でも、僕の年代のみんながその至福の一時をすごしていたわけではない。友達が近所の公園で野球に興じていたときに肉弾戦の苦手な僕は映画... 続きを読む