京極夏彦の新シリーズはおいしいとこ取り!?

小説・エッセイ

2014/1/2

京極夏彦の新シリーズ『書楼弔堂 破暁』(しょろうとむらいどう はぎょう)が刊行された。電子書籍版では各章ごとの分冊版でも配信されている。 その第1章「探書壱 臨終」を読んだ。 明治20年代。江戸の空気がまだそこかしこに残る東京が舞台。主人公は高遠という男で、彼は煙草会社を休職し、療養という名目で妻子ある身にもかかわら... 続きを読む